• カートを見る
  • 会員登録
  • ログイン
  • Twitter
  • Facebook

TAKEKAGO(タケカゴ) フロアスタンドライト | ricasa(リカーサ)

  • お問い合わせ
  • ショッピングガイド
  • ricasaについて
  • はじめての方へ
  • よくあるご質問
詳細検索をする
  • ランキングから探す
  • ブランドから探す
  • デザイナーから探す

今なら期間限定で購入者様の中から抽選でQUOカード1000円分をプレゼント致します!! 当選者の発表は賞品の発送をもって代えさせていただきます。

TAKEKAGO(タケカゴ) フロアスタンドライトTAKEKAGO floor standlight

伝統的な技術と人に優しい素材

あかりの基本が「火」の時代、あかりは手によって持ち運ばれ、調節するものでした。このタケカゴは、伝統的な技術と人に優しい素材を使うことで手に取ることのできるあかりとして考えられました。デジタルに光量や方向を変えるのではなくて、自分の手によって場のあかりを演出することのできる、穏やかな照明です。 竹という素材は軽くて強靭なので、落としても割れたりせず、手に触れる感触も楽しめるデザインになりました。
このロゴをクリックするとお気に入りに追加します(ただしIEのみ)
品番 F3206G-B
ブランド アボーボ(ABOVO)
デザイナー 村澤一晃(Murasawa kazuaki)
サイズ H/1600×W/?380mm
素材 E26 電球型蛍光灯 EFG 15W型x1(電球色)、竹・木指定色塗装仕上・鋼指定色塗装仕上
重量 3.8kg
在庫情報 通常在庫品
生産国 日本
組み立て区分 完成品
備考 フットスイッチ付 ON/OFF
  • 送料無料


  バリエーション 価格(税込) カートに入れる
  ¥61,740

商品特性

◇電球型蛍光灯採用により大幅な省エネを実現しました。

ブランド

アボーボ(ABOVO)

アボーボ(ABOVO)
アボーボ(ABOVO)は世界をリードするデザインであることを第一に掲げ、デザイナーとメーカーとのコラボレーションにより創りあげられた日本オリジナルの照明器具ブランドです。照明が生活シーンに与える影響の重要性が認知され、照明に個性が求められる今、静岡の地場産業である家具製造を支える職人の木工・塗装技術と、 竹、ガラス、紙、金属、アクリル等あらゆる素材を扱った経験をベースに様々な分野のデザイナーの協力を得て、新ブランド【ABOVO】からあたらしいあか りのかたちを提案していきます。
ラテン語のことわざ ”Ab ovo usque ad mala.” からの引用。 「卵(ovo)から(ab) リンゴ(mala)まで(ad) 」ローマ人の食事は卵で始まり、デザートはリンゴで締めくくられました。意訳すれば最初から最後までという意味になります。 最初から(Ab ovo)、すなわち原点に戻ってあたらしいあかりへの挑戦を始めるという意味で名付けました。

デザイナータイトル

村澤一晃(Murasawa Kazuteru)

村澤一晃(Murasawa Kazuteru)
1965年東京生まれ。
垂見健三デザイン事務所を経て、1989年にイタリアに留学。
1990年よりセルジオ・カラトローニデザイン建築事務所(ミラノ)に勤務。
家具デザイン、インテリアデザイン、展示会会場構成を中心に担当。
1994年にムラサワデザインを開設。
1995年よりICSカレッジオブアーツ非常勤講師を務める。
「現場での開発」を開発理念に、地域特性を活かした家具開発を中心に活動している。


アボーボ(ABOVO)でよく見られているアイテム

すべての商品
株式会社 ヴィーダ

〒108-0074 東京都港区高輪3-23-17品川センタービルディング3F-C