03-6365-6462(受付時間10:00~18:00)
  • カートを見る
  • 会員登録
  • ログイン
  • Twitter
  • Facebook

搬入方法 | ricasa(リカーサ)

  • お問い合わせ
  • ショッピングガイド
  • ricasaについて
  • はじめての方へ
  • よくあるご質問
詳細検索をする
  • ランキングから探す
  • ブランドから探す
  • デザイナーから探す

今なら期間限定で購入者様の中から抽選でQUOカード1000円分をプレゼント致します!! 当選者の発表は賞品の発送をもって代えさせていただきます。

搬入方法

搬入方法

1. 購入したい家具のサイズをチェック!

お手数かもしれませんがしっかりとご検討頂いている家具のサイズを確認してください。 ここでサイズをしっかり控えておきましょう。 中でも家具の1番長いサイズと1番短いサイズは特に注目して下さい。

商品のサイズを確認。

例えば左図のクーブスソファーであれば、一番長いサイズは幅の175cm、一番短いサイズは高さの75cmです。

2. エレベーターがある場合のチェックポイント

マンションでお住まいの方はまず初めの関門である、エレベーターのサイズをチェックしましょう。

エレベータのサイズ

まずはエレベータの奥行きと高さを測りましょう。
エレベーターの扉の高さからしっかりと採寸をしましょう。

家具の1番長いサイズが扉の高さより短く、エレベーターの奥行きが家具の一番短いサイズより長ければ
エレベータは問題なく搬入できます。

もしエレベータの扉の高さが低く問題が生じた時のクリアの仕方です。
まず始めに家具を傾けて、先端をくぐらせるようにしてエレベーター内に送ります。
このときに家具の1番長いサイズが、エレベーター内の高さより小さければ、立てて搬入できます。
エレベータ内で立てることが出来ない場合は、家具を斜めにしたままでの奥行きがエレベーターの
奥行きよりも小さければ搬入する事が出来ます。

 

3. 階段がある場合のチェックポイント

家具の搬入でご注意頂きたい階段での搬入です。

階段、踊り場の高さ、踊り場の広さをご確認

直線階段の場合は基本的にサイズさえ間違わなければ搬入は簡単に済みます。

ご注意頂きたいのは踊場があり切り返しが必要な階段です。

この場合は
1.階段と天井の高さ
2.踊場の奥行き
3.踊場の高さ

様々なサイズの問題が関わってきます。
搬入の際には、出来ましたら3人以上が良いでしょう。


階段での搬入の手順としましては

・踊り場までは家具を寝かした状態で運ぶ
・踊り場で家具を立てながら水平に移動
・踊り場からはまた家具を寝かせながら運びます。

踊場の天井が低い場合や踊り場が狭い場合は
どうやっても廻りきらないので注意してください。

見落としがちですが手すりが階段の内側に付いている場合は横幅にもご注意下さい。

 

4. 玄関口、 玄関からお部屋までのチェックポイント

まずは玄関前の通路のサイズを確認しましょう、せっかく入口まで商品を運んでもここで入らないなんてことがないように

確認しましょう。次にお部屋までの通路のサイズを確認しましょう。
玄関には入ったけれど、お部屋に入らない・お部屋まで運べないとならないようにサイズをチェックしておきましょう。
特にL字型の曲がり角がある場合は要注意。

玄関口の幅・高さを確認。

玄関口の高さをチェック。ベッドやソファなどの大物家具を購入するときは注意して正確に測りましょう

次に玄関前の通路の奥行きを確認しましょう。玄関前までは運べたのにソファーなどが切り返せず搬入出来ないなんてことにならないように事前にサイズを確認しましょう。

玄関からお部屋までのサイズを確認。

玄関からお部屋までの経路で一番狭いところの幅、高さを測りましょう。
搬入するお部屋の入り口の幅をチェック。一番狭くなっているところをチェックしましょう。


家具を搬入するお部屋の入り口の幅・高さも確認しましょう。
搬入するお部屋の入り口の高さをチェックも事前に確認。ベッドやソファを購入するときは正確に測りましょう。

すべての商品
株式会社 ヴィーダ

〒108-0074 東京都港区高輪3-23-17品川センタービルディング3F-C

TEL 03-6365-6462